ようこそアースガーデンへ

IMG_0210_1r_w400

アースガーデンは南丹市美山町で、パーマカルチャーデザインを参考に持続可能性に向けた暮らしの試みを2002年にスタートしました。

ゲストペース(=多目的スペース)、自給用有機ガーデン、家族の居住スペースがあります。以前はカフェや週末民宿をしていましたが2010年末に終了しました。

小人数家族が居住し、自給用オーガニックガーデン、生ゴミコンポストやミミズコンポスト、雨水タンク、バイオガス発生装置、薪ストーブ、ペレットストーブ、太陽熱温水器やソーラーパネルのある暮らしを楽しんでいます。

アースガーデンの2002〜2010の歩み(カフェ・民宿時代の取材記事紹介、新聞特集記事)は、こちらのページをご覧ください。

アースガーデンの歩み(2002〜2012)

2012年よりNPO任意団体として以下の活動をしています。

  • スタディツアー受け入れと、見学、体験プログラムの実施(出張を含む)
  • パーマカルチャーデザインの研究、調査と、国内外の有機農園、菜園、食べられるガーデン事例の視察
  • ガーデンの生態系調査
    2011年 夏の生き物調査 8月5日〜8月6日
    2011年 秋の生き物調査 11月4日〜11月5日
    2012年 春の生き物調査 5月12日〜5月13日
    2012年 春の食用/薬用植物調査 5月13日
  • 情報発信(DVD鑑賞会、その他)
    グリーンライブラリー(所蔵資料)
  • 小さな有機自給ガーデンの維持管理(小規模集約型パーマカルチャーガーデン事例)
  • 自然エネルギー/バイオエネルギー、適正技術の活用
  • 地元での活動(有機菜園ネットワーク、English Café)
  • 海外交流
  • 翻訳と執筆
  • ニュースレター「アースガーデンの美山だより」発行

chisa_illust03


主宰者:植月千砂(うえつきちさ)プロフィール
大学講師をしながら、複数の環境NGOのメンバーとしてさまざまな環境保護活動に参加。1998年にはオーストラリア、クリスタルウォーターズでパーマカ ルチャーデザインコースを修了。海外のエコビレッジなど持続可能性に向けた居住地や、農場、菜園を視察しながら、パーマカルチャー入門講座の講師や、執筆 を手がける。2002年に都会を離れて京都府、美山町に移住し「アースガーデン」を主宰。2005年に「子ども達が作った食べ物の森—都会の小学校にでき たパーマカルチャーのラーンスケープ」を翻訳出版。