ガーデンと暮らしのデザイン見学セミナー

ガーデン見学セミナー

image6自然生態系の仕組みにならったガーデンのデザインを、見学を通じてお伝えするセミナーです。

650㎡の敷地内の建物を除く部分では、過去のガーデン生態系調査で1年間で食用植物(野菜、果樹、ハーブ、キノコなど)約130種類と、食用/薬用山野草102種類が確認されています。

2002年のスタート以来、無農薬、無化学肥料で除草剤も不使用。パーマカルチャーのデザインが使われ、ふつうのガーデンよりも維持管理の手間がかかりません。加えてバイオ・ジオ・フィルターと呼ばれる大型植物を使った排水処理システム、その他の水系デザインや、複数の養分循環システムもご説明します。

毎年初夏にはモリアオガエルが手作りの池に産卵に訪れます。ここには都市の小さなお庭やバルコニーガーデン作りに参考になる例やヒントが多くあります。(天候や状況によっては、見学箇所の一部をスライドで見ていただく場合があります。)

対象人数 1〜7名 予約制
スケジュール 受付 →事前学習 →見学 →Tea Time
所要時間 約2時間(午前または午後 開始時間は相談)
参加費 おひとり2,000円(2〜7名) 3,500円(1名)
お申し込み 環境教育プログラムお申し込みフォーム

ガーデンと暮らしのデザイン見学セミナー

この見学セミナーは前述のガーデン見学セミナーに加えて、建物のパッシブソーラーの工夫や、自然エネルギーやバイオエネルギー(太陽光パネル、太陽熱温水器、薪ストーブ、ペレットストーブ)、メタン発酵槽(バイオガス発生装置)のご説明もします。

シックハウス化学物を抑制した内装素材や、生活上の工夫についてもご紹介します。これらを通じて、持続可能性に向けた小さな循環型の暮らし方として、ガーデンと建物の一部、そこでの暮らしのデザインをご理解いただきます。

環境や人にやさしい田舎暮らしを望んでおられる方、都会や郊外で環境共生型の農的暮らしをしたい方に、参考になるヒントが多くあります。(天候や状況によっては、見学箇所の一部をスライドで見ていただく場合があります。)

対象人数 2〜7名 予約制
スケジュール 受付 →事前学習 →見学1 →Tea time →見学2
所要時間 約3時間(午前または午後 開始時間は相談)
参加費 おひとり3,000円
お申し込み 環境教育プログラムお申し込みフォーム