環境教育プログラム

アースガーデンの環境教育プログラム

image2アースガーデンでは、自然とつながる楽しい暮らし作りに向けた環境教育プログラムをご用意しています。それは自然と人が共生し、循環し、土とつながる楽しい「農的くらし」です。

すでに田舎暮らしをされている方だけでなく、都会や郊外にお住まい方でもそのような暮らし方が可能です。

まずはお庭や集合住宅で生ゴミを堆肥化し、野菜、果樹、ハーブ、草花を育てることを提案します。集合住宅ベランダでのコンテナ栽培もおすすめです。たとえ少量でも一部の野菜を自給することは、意味ある「暮らしの転換」につながります。

生ゴミの堆肥化プロセスを理解し技術を身につければ、ゴミの分量も減り、土も元気になり植物も大喜び。殺虫農薬、化学肥料、除草剤を使わなければ、自然生態系の仕組みができ、病害虫が抑制されます。

image3

それは田舎だけでなく、都会の小さなお庭、バルコニー、公園、学校、コミュニティ-ガーデンなどで小さな有機農業をしていく営みです。

アースガーデンの環境教育プログラムではそれに役立つ工夫の数々と、パーマカルチャーデザインの手法もお伝えします。

都会や郊外で小さな農をスタートすれば、必要な知識や技術が身につき、農の現場への理解も深まることでしょう。それは将来田舎に移住して農地を活用する土台にもなります。

私たちは都会の小さな農で基本技能を身につけた方々の何人かが、将来田舎暮らしをくださることを願っています。

 

小人数対象で予約制

image4アースガーデンのプログラムには、小人数対象で予約制です。見学セミナーや体験を伴うプログラム、講座やワークショップは2〜7名でご予約いただけます。(実際は2〜3名でいらっしゃる場合がもっとも多いです。中には1名でお受けできるプログラムもあります。)

加えてトーク&スライドもご用意しています。(2名〜12名)。

以上の一部は英語での対応も可能です。

またプログラムの殆どは、アースガーデン以外の場所で出張実施もさせていただけます。


お願い

image5アースガーデンは居宅でもあります。プログラムに参加される方はご配慮ある行動と、居住者のプライバシーを尊重いただけますようお願いします。