トーク&スライド

トーク&スライド

Talk & Slide Show (2-12 people, booking is essential)

 

対象人数 2〜12名 予約制
スケジュール 受付 →スライド上映
所要時間 スライドにより異なり、1本約40分〜90分です。複数ご覧いただくこともできます。
参加費 スライドにより異なりますので、お気軽にお問い合わせください。
お申し込み 環境教育プログラムお申し込みフォーム

 


A. 海外パーマカルチャー事例視察のレポート(1)

オーストラリアのエコビレッジ、クリスタルウォーターズやジャランバーでの暮らしを報告。併せて都会ブリズベンでの小さな家庭菜園も紹介。
image13


B. 海外パーマカルチャー事例視察のレポート(2)

デビッド・ホルムグレン氏宅の果樹農園の過去20年間の記録と、温室付き泥レンガのパッシブソーラーハウスの仕組みについてお話し、ヤギ、ニワトリなどを用いた菜園、果樹園、草地の管理システムを紹介。
image16


C. 子ども達が作った食べ物の森と、学校ガーデンの視察報告

オーストラリア、ブリズベンの公立小学校の食べられるガーデン作りのプロセスと意義をお話しし、加えて2006年にアデレードでガーデンセミナーに参加し訪問した数カ所の学校ガーデンについても報告。
image17 image18


D. マンションのバルコニーガーデン(高槻市)

1997年〜2001年住んでいたマンション(公団)5階でのガーデニングや、コンポスト作りなど(テレビ、新聞、雑誌に紹介)。加えて夏もエアコン無しで快適生活が無理なくできたマンションの立地と設計面も簡単にお話します。
image19


E. オーガニックガーデンのある楽しい暮らし

アースガーデンの庭や建物のデザイン的な工夫のご紹介。

“Charmed Life with an Organic Garden” This set of slides shows some design features of Earthgarden.

image20


F. 旅のレポート:フィンドホーン(英国、北スコットランド)

フィンドホーンは、環境面だけでなく、社会、経済、スピリチュアルな領域で持続可能性が統合されたエコビレッジ。世界各国の人々が滞在し居住する インターナショナル・コミュニティーです。その家々や、オーガニックガーデン、リビングマシーンと呼ばれる植物を使った下水浄化システムなど、体験と文献調査の内容を合わせてご紹介。

IMG_5101


G. 旅のレポート: C.A.T- Center for Alternative Technology (英国、ウェールズ)

C.A.Tは採石場の跡地にできたエコパーク。様々な再生可能エネルギーが使われ、持続可能性に向けた住居や施設、菜園やフォレストガーデンがあ ります。自然と調和したそれらの美しい景観や、その活動と歴史を紹介します。

IMG_4960


H. 旅のレポート:マルメ市(スウェーデン、環境都市)と、モンシェゴー(デンマーク、エコビレッジ) <2015年9月訪問>

マルメ市はスウェーデン南端にある人口約28万人の都市。2020年までに市内で販売される食品を100%オーガニックにし、2030年までに市全域のエネルギーを再生可能なものにという目標が掲げられています。500kmの自転車レーンが市内に整備され、ビジネス関連の移動の40%は自転車でされているとのこと。

IMG_4659

モンシェゴーはデンマークのエコビレッジで、コペンハーゲンより鉄道で30分、駅から徒歩15分。大都市近郊なのに「ビレッジ」なのです。225名の住民が5つのグループに分かれて、5つの住宅群で共同生活をしています。環境に負荷の少ない生活スタイルを実現することをめざして2000年に完成したエコビレッジです。

IMG_4696


I. パーマカルチャー国際会議(Conference & Convergence--- IPCUK)

International Permaculture London 2015の会議(Conference)と集会(Convergence)の様子を報告します。多様な発表テーマをご紹介するとともに,特に心に残った発表についてもお伝えします。 以上は「パーマカルチャーって何?」という問いかけへの一つの答えになるはずです。

IMG_4780 IMG_4787


※※ インドでの視察等も追加予定です ※※

2017年11月〜12月にインドに旅をしました。
まず、北インドのナブダニャ農場(Navdanya Biodiversity Farm)に数日滞在し、その後ハイデラバッドでのパーマカルチャー国際会議(Conference & Convergence ---IPCIndia)に参加。その後南インドのエコビレッジでインターナショナル・コミュニティでもあるオーロビル(Auroville)に滞在し、福岡正信氏の考え方とパーマカルチャー・テクニックによるSolitude Farmや、その他の有機農場、森林、ガーデンを見てきました。関心のある方にご紹介できるように、現在トーク&スライドを準備中です。